子どもは雨が好き

関東地方が例年より遅い梅雨入り。
これからしばらくは、出かける時に傘がお供となる。
昔は、黄色い傘をクルクル回したり、可愛らしい長靴を履いた小さい子が、水たまりでピチャピチャと遊んだりする姿がよく見られた。
「何やってるの!
 服が汚れてしまうでしょ!」
と、大人の叱る声。
でも、子どもは雨の中で夢中になっている。
大人の声なんて、聞こえていないも同じこと。
泥だらけになろうが、そんなことはお構いなし。
子どもは、雨が大好きなのだ。
最近の子どもって、どうなのかな?
水たまりそのものがない時代になってしまったものね。

    次の記事

    冷やし過ぎは禁物