駿敏

コロナ禍におけるオリンピック・パラリンピック開催について賛否両論大きく分かれていたが、結局両方とも開催された。

これまで海外でおこなわれてきたオリパラにはあまり関心が無く、結果を見て「ふ〜ん」で終わっていた。
だが、ほぼ無観客での開催は残念ではあったが、制約の多い中でのオリパラは特別だったように思う。
特にパラリンピックは自国開催といこともあり、オリンピック以上にテレビに釘付けとなった。
選手は障がいという制約があっても健常者と同様、あるいはそれ以上のパフォーマンスで楽しませてくれた。

競技を見ながら「駿敏」という言葉が浮かんだ。

 

伝筆:駿敏

 

伝筆:感動ありがとう!

 

    前の記事

    体調管理は自己責任で

    次の記事

    重い腰を上げる