10月の実践会&交流会終了

秋雨前線の影響で、朝から雨降りの日曜日。
衆院選の選挙カーの音が時折聞こえる中での実践会&交流会だった。
実践会ではいつも通りヒーリングをおこない、まったりした気分になる。
その余韻を楽しみながらの休憩後、交流会へと移る。
最近の交流会では、参加者が直面している様々な問題について話し合うことが多くなっている。
その際に感ずることは、レイキの実践を長く続けている方は、物事の捉え方がずいぶん変わってきているということ。
自分では気づいていない方もいるようだが、わかりやすく一口で言うと「大きく成長した」感じ。
他者と交流し、そこで繰り広げられるとりとめのない会話と思われる中からも様々なことに気づき、さらに大きく成長していく。
 
足元の悪い中を遠方から参加してくださった方、他の用事を早く切り上げて参加してくださった方、ありがとうございました。

    次の記事

    太陽の有難味を感じる