冬の公園散策を楽しむ

さっさと家事を済ませ、冬の昭和記念公園に行ってきました。
開花期と違い人気の少ない公園内は、ただでさえ冷たい風がより一層冷たく感じられましたが、歩いているうちに気温が上がり、体もポカポカ、気持ちよい散策ができました。
ニホンズイセン
口をポッっと開けたようなニホンズイセン。
いい香りだね。
歩いていると、また、どこからともなく漂う“いい香り”
その正体は、蝋梅(ロウバイ)
ロウバイ
ほんとうに、ロウで作った花のよう・・・。
やっと開き始めたセツブンソウが、まぶしそうに陽の光を浴びています。
セツブンソウ
ひだまりを求めて歩いていたネコが、突然立ち止まる!
そして、目線はしっかりとカメラに・・・。
(「写真撮って!」と言っている?)
ねこ
カシャッと撮り終わると、のっそりと立ち去って行きました。
公園での散策は2時間ほどでしたが、徒歩数約12,700歩。
よく歩きました!!
 

    次の記事

    自分の力で立つ