癒しと治療

レベル1セミナー。
セミナーや交流会などでよく耳にするのは、
レイキ、整体、カイロ、その他の民間療法において、
『治療』と称して施術を行っている人が実に多いということ。
レイキについて言えば、
「レイキ療法とあるから治療だ」という考え方をする実践者もいるが、
レイキヒーリングは決して治療が目的ではない。
ヒーリングを行った結果として治癒する(癒しが起こる)
だが、どうしても「治療」に拘りたい人がいるようだ。
「癒し(ヒーリング)」と「治療」との区別について、
どう捉えているのかな?

    前の記事

    9月の交流会終了

    次の記事

    スープの冷めない距離