立秋とは名ばかり


立秋!?
冗談じゃあないでしょう?と言いたくなるほどのこの暑さ!
結構強い風が吹いているが、生ぬるい風を運んでくるだけ。
でも、間違いなく暑いんだよね。
エアコンが苦手なので、団扇と保冷剤が必需品。
ガーゼマフラーで保冷剤をくるんで首に巻いておくと、結構涼を得られる。
こうして、また夏が過ぎていくのね。
昨日から、橋本七夕まつり。
昨年から南口側イベント会場も飾りもなくなり、北口側だけとなった。
笹の擦れ合う音や演芸の賑やかな声が聞こえなくなり、ひっそりとしている。
七夕飾りも昨年から貧弱になり、景気の低迷ぶりがこのようなところに大きく影響していることを感じる。
昨日、実家からまた桃が届いた。
今度は“浅間白桃”
大きな、おおきな桃だ。
そして、あまい!
“桃”と一口に言っても、種類はたくさんある。
近年、特に種類が増えているので、私にもわからないものもある。
食べるのは簡単だが、こうして手元に届くまでの生産者の労力は大変なものだ。
それがわかるだけに、粗末に扱うことはできない。
果物や野菜だけでなく、何に対しても言えることだが・・・。

    前の記事

    北海道交流会終了

    次の記事

    希薄となった絆