北海道交流会終了

暑い暑いと言いながらあちこち飛び回っているうちに、早くも8月5日となってしまった。
7月31日(土)札幌、8月1日(日)旭川でNPO主催の体験会と交流会を開催。
札幌・旭川共に参加者は40数名。
東京に比べると参加数は少ないが、充実したよい会となった。
参加する人たちの意識も、どんどん高くなっているように思う。
参加者のひと言などで「レイキによって人生が変わった」「レイキとの出会い・・・」などの言葉が聞かれるが、その内容が以前とはずいぶん違ってきていることに気づく。
海外在住の日本人が、帰国中に参加するということも当たり前のようになってきている。
その人たちは、海外に行ってレイキの存在を知ったという人が多い。
そして、どうせ学ぶなら日本に一時帰国した際に学ぼうということで、ご縁ができた方から学ぶケースが多いようだ。
全国各地で体験会・交流会を当たり前のように開催し、また当たり前のように参加している人も多いが、社会貢献度は結構大きいのではないかと思っている。
交流会の翌日、2日・3日の2日間は、ついでの『探さないでくださいデー』
美瑛・富良野方面に足を伸ばしての散策。広い大地と自然が、気持ちをゆったりさせてくれた。
この期間中、8月1日は、毎年アイちゃんの誕生日祝いを我が家で行うのが恒例となっている。
今年もその予定でいたのだが、北海道行きとなったたため、やむを得ず事前に母親にプレゼントを委託し、当日はメールでバースデイメッセージを送った。

    前の記事

    現実の世界に

    次の記事

    立秋とは名ばかり