午後のコンサート

2月最後の日曜日、午後のコンサートに行った。
『コバケンが贈る名曲ア・ラ・カルト』
  グリーグの「ペール・ギュント」より“朝” “ソルヴェーグの歌”、ピアノ協奏曲 イ短調
  コダーイのガランタ舞曲
  リムスキー・コルサコフの交響組曲「シェエラザード」より“王子と王女”
  ラヴェルのボレロ
どれも久しぶりに聴く曲だったが、それぞれの曲がす~っと入ってきて、その情景の中にす~っと引き込まれていった。

    前の記事

    子どもの安全

    次の記事

    2010/3月のメッセージ