過ぎゆく時

2月の交流会(レイキを楽しむ会)が終わった。
早いもので、もう今年2回目となる。
こうして、時間はどんどん過ぎていく。
何かをしていても、何もしていなくても、間違いなく時間は過ぎていく。
その時間をどのように使うか!
今更言うまでもないことだ。
1日夜から2日未明にかけて降った雪が、日陰で人の立ち入らないところにまだ少し残っている。
いつもはあっと言う間に溶けてしまう雪も、晴天とは言え、2月に入ってからの寒さにはかなわないようだ。
この冷たい風が吹く時は、日本海側は雪。
新潟県はかなりの大雪のようだが、大変だろうな・・・と思いが馳せる。
融雪のための消雪パイプを屋敷内外に配管していたが、消雪パイプだけに頼り切ることはできない。
屋根の雪下ろしなどは、なんといっても人海戦術となる。
雪国の、ほんとうに雪が多い時の生活は、そこで暮らしたものでなければわからない。
関東生まれの私にとって、冬だけは好きになれなかった。
辛く大変だったはずの雪国での生活も、今となっては懐かしささえ感じる。
時間は、ときに全ての苦しみや辛さを消し去り、懐かしさだけを残してくれることもある。

    前の記事

    春は名のみ? 

    次の記事

    暖かな日差しに