心と体のメンテナンス

梅雨の中休みで、朝から蒸し暑い日でした。
こんな日は、何となく体がだるかったり憂うつだったり・・・ということが多いようです。
最近、
「何となく憂うつで仕方がない」
「なんか気分がスッキリしない」
ということを複数の方から聞きましたが、皆さんはいかがでしょうか。
雨の日は、自分の意識次第で楽しくも嫌にもなるということを先日書きました。
雨が降らなくてもどんよりとしたうっとうしい日が続くと、それだけで何となく気持ちが滅入ってしまうのでしょうね。
日ごろの鬱積したストレスにさらに梅雨時の不調が加わり、「もう限界・・・!」と悲鳴を上げている人、何らかのストレス解消を試みてはいかがでしょうか。
映画鑑賞、音楽会、美術鑑賞といったものではとてもダメだという方は、カラオケなどで思いっきり声を出すのもよいでしょう。
あるいは、役者になったつもりで大きな声で1人芝居をするのもよいかもしれません。
考えてみると、その他にもいろいろありそうですね。
賑やかなのはどうも・・・という方は、家庭で静かにリラックスタイムを過ごすのもよいでしょう。
部屋の中に好きな香りをくゆらせ、好きな音楽を流す。
そして、アロマバスなどでさらにゆったりとした時間を過ごします。
いつも気忙しい時間を過ごしている方も、他の事は何も考えずに自分のためだけのゆったりした時間を過ごしてみると、案外気持ちが楽になるものです。
心や体のバランスを崩したまま暑い夏を迎えないよう、今のうちに自分で心と体のメンテナンスをしておきませんか。

    前の記事

    誰かが何かをしてくれる

    次の記事

    2006/7月のメッセージ