2006/7月のメッセージ

     めだかの学校やっているかな?
     あっ、やってた!
     あのね、知ってる?
     1ぴきだけ黒いのがいるでしょ!
     めだかの学校の校長先生なんだよ。
     めだかの学校 きれいになったね。
     真っ黒の時は
     どこにいるのかわからなかったけど、
     今度はよくわかるようになったよ。
     きっと、気持ちがいいだろうね。
     人間も、
     いつも家の中や心の中をきれいにしていたら
     きっと気持ちがいいよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家の近くにめだかの学校があります。
仕出し屋さんの店先に置かれた甕2つに、数匹ずつのめだかが入っているのです。
そこを通る子どもも大人も、全く気づかずに通り過ぎてしまう人もいるのですが、通るたびに覗き込んでいく人もいます。
アイちゃんと私もその仲間です。
 
先日、めだかの学校がきれいになっていました。
甕の中の掃除をしたようです。
黒いのが1ぴきいて(お魚は1尾というんだよ)、それが校長先生であることをアイちゃんが教えてくれました。(アイちゃんはそう思っているようです) 
男の子ですが片づけが上手で、いつもきちんと整理整頓をしています。
ですから、大人がきちんと片付けてないと、「いらないものは捨てればいいんだよ」と、手厳しく言います。
また使うかもしれない、まだもったいないと言って、次々と増えていく大人のガラクタ?荷物?ですが、アイちゃんは見極めて手放すことがとても上手なようです。
心の中も、同じことが言えるのでしょうね。

    前の記事

    心と体のメンテナンス

    次の記事

    海開き 山開き