お茶の稽古終い

毎朝、抹茶を点てて飲んでいるが、教室でのお点前は今日が今年最後だった。

年初に立てた目標が達成したかどうかをそれぞれが確認し、それに対し先生からもお言葉を頂戴した。
私の目標は「水が流れるようなお点前をする」だった。
当たり前のことなのだが、ちょっと気が緩むと、どこかでつかえてしまうことも…。
まるで、木の枝や葉っぱがたまっているところで滞留するような感じ。
何ごともなかったかのように、上手くやり過ごしてしまえば良いのだが。
それができるようになったら一人前とは言えないが、半人前というところかな?

    前の記事

    交流会で心の解放

    次の記事

    嬉しいプレゼント