『感謝』の気持ち

コロナ禍におけるオリンピックが閉会した。

オリンピック開催に当たっては賛否両論さまざまだったが、始まってみると応援する人たちも増えていったようだ。
期間中、いろいろな競技のテレビ中継がおこなわれていたので、時間がある時は興味のある球技や体操を観た。

毎日、その日の試合結果とともに、各種メダルを手にした選手達の様子も映像で流れた。
その人達の口から出ていたのは、異口同音に「感謝」という言葉。
コロナ禍でオリンピックが開催され、その大舞台に立てただけでなくメダルを手にすることができた。
それまで支援・応援してくださった方々への感謝の気持ちが溢れていた。
その感謝の気持ちにずっと縛られていなくてもよいが、決して忘れないでいて欲しいと思う。

人間の一生が幸せかどうかを決められる最大のものは、感謝できるかどうかだという。

ずいぶん前のことだが、「私は今まで、誰かに対して感謝の気持ちを持ったことがありません」という人に出会った。
その言葉を耳にしたとき、「さて、この後のセミナーをどのように展開していこうか?」と一瞬戸惑ったことを思い出した。

    次の記事

    暑くてやってられない