他から「謙虚に学ぶ」

自分がやっていることや思っていることは絶対正しい・・・と思い込んでいることほど、厄介なものはない。
「自分の考えは正しい」と思いこんでいると、自分の考えとは違うことを見たり聞いたりした場合、それを受け入れるどころか全てを批判の対象としてしまうこともある。
何が、どう違うのか、といった疑問が生じないのか、何の質問もしないままに・・・。
そして、その批判的な考えを、一つ一つ理由付けして正当化しようとする。
自分を高めるためには自身の努力はもちろんだが、他から「謙虚に学ぶ」という姿勢が必要であり、それこそ「プロ」と言えるのではないだろうか。

    次の記事

    精一杯生きる