交流会

池袋での交流会は、遠く福島から参加された方や半年ぶりの方も含め、まさにお盆にふるさとに帰ってきたような顔ぶれでの会となった。
こうして思い出したように参してくださる方のためにも、交流会を続ける意味があることを痛感する。

    前の記事

    あっという間に

    次の記事

    秋の気配も