2002/12月のメッセージ

誰にでも
光る何かが
ひとつある

    前の記事

    銀杏並木と写メール

    次の記事

    心の余裕