再度『空海と密教美術展』を観に行った。

今回は、新聞店から「招待券があるけど、観に行きますか?」との電話をいただき、待ってましたとばかりに飛びついて招待券をいただいた。
というのも、もう一度観に行きたいと思っていたのだ。

ところが、ところが・・・。
行ってみると、やはり予想通り。
すごい混雑で、とてもじっくり観るどころではない。

(先日のNHKからの招待券(招待時間)は、最高によい条件で観られたことになる。ビッグチャンスだったのだ。)

だが、2回も観るチャンスをいただいたことに、感謝あるのみ。

出たついでに、ちょっと足の向きを変えて、九段下の“昭和館”に寄ってみた。

昭和という時代、戦中・戦後の生活の様子が展示されているが、今の時代が当てはまる部分も大いにある。

一人ひとりが自身の生活を見直してみる必要性を、大いに感じる。