あなたは自分のことをどのくらい知っていますか?

ネズミ「君たちは、自分のことをどのくらい知っているかな?」 ウサギ「ええ?自分のことなら、何だって知っているよ」 ネコ「自分のことなんて、よくわからない」

「自分のことをどれくらい知っているか?」というねずみさんの問いに対して、
うさぎさんは、自分のことはなんでも知っていると答えています。
一方、ねこちゃんは、自分のことはよくわからないと言っています。

さて、あなたは自分のことをどれくらい知っていますか?

多くの人が「自分のことは、自分が一番よく知っている」と思っています。
でも、どうでしょう?
実は、単にそう思いたかっただけだった、と思い知らされることがあるのではないでしょうか。

自分のことは自分が一番わかっていない・・・それが現実。

なぜなら、自分自身は余りにも身近な存在だけに、客観的に見ることができないからです。

どうしたら、自分のことがわかるの?

私たちは、自分の顔が丸いか細長いか、また目が二重か一重かというような身体的なことは、鏡を見れば一目瞭然。
しかし、内面的なことは、いくら鏡を見てもわかりません。

では、自分を知るためにはどうしたらよいでしょうか。
一つの方法としては、他者を自分の鏡として、言い換えれば、日常生活での他者との関わりによって自分を知ることができます。

自分を知るための第一歩

自分の心の中をのぞいてみよう

日常生活での他者との関わりを通して自分で自分の心の内側を見ていく方法を『自己探究法』といい、自分を知るための第一歩となります。

自分で自分の心の中をのぞいてみるなんて…」と思うかも知れませんが、
自分がいつもどのような思いで言葉を発し、行動しているか(自分のモノサシに気づく)
また、そのときの感情や、相手に対する思いはどうだったのか(人によって感じ方に違いがある)
など、自分で思っている以上に、これまで知らなかった自分が浮かび上がってきます。

現在の自分を知り、それを受け止めることができると、次第に客観的に自分を見ることができるようになります。
さらには、自分の生き方の軌道修正をすることも可能となります。

興味・関心のある方は、こちらからお問い合わせください。