いつ、どこで、何が起こるかわからない

昨日も今日も、一日中雨降り。
100メートルほどの距離を歩いただけで、ズボンの膝下がビッショリになるくらいの降り方。
数日前の39度という猛暑が嘘のように涼しい。

九州方面では、線状降水帯のために何日も降り続いている。
雨量は、梅雨の時季よりむしろ多いようだ。
災害は忘れたころに…などというのは過去の話。
ここ数年、毎年のようにあちこちで災害が発生している。
いつ、どこで、何が起こるかわからない。
皆様、呉々もご注意ください。

    前の記事

    暑くてやってられない

    次の記事

    予報は予報