寒の入り

正月に限らないが、特別の日というのは時間が早く過ぎてしまうと思うのは、おそらく私だけではないだろう。
三が日があっという間に過ぎ、今日は小寒(しょうかん)。
寒の入りだ。
ここから大寒(だいかん)までを「寒の内」あるいは「寒中」といい、寒中見舞いの挨拶はこの期間内にする。
そして、寒が終わった翌日の立春を「寒の明け」という。

今年の小寒は、今日1月5日。立春は、2月3日。
おそらく、2月3日が節分で、その翌日4日が立春と思っている方が多いと思うが、今年は1日早くなっているので要注意。

この「寒の入り」「寒の明け」という言葉。
天気予報などで耳にしていると思うが、意外と知らない人が多いようであることを知った。

    次の記事

    自分軸を崩さないで…