心休まるひととき

フラワーアレンジメント教室は、今年に入ってから月1回のペースで続いている。
今回もまたプリザを選ぶ。(すっかりプリザ専門になっている)
まず、アクアフォームを器の形に合わせてカットし、器に入れる。
この作業は、花材のワイヤーリングやテーピングよりも面倒なときがある。
ストンと真っ直ぐな形状ならよいが、複雑な形であればあるほど面倒だ。
それでも最初のころに比べると、ずいぶん要領よく土台を作ることができるようになった。
 
今日のテーマは『優しい春だから』
春をイメージした、ちょっと贅沢なアレンジ。
 
SPプリザ_優しい春だから
 
フラワーアレンジメントを始めて、ちょうど4年。
先生の都合や私自身の都合で休みのときもあるが、いつの間にか4年を経過している。
上達したとは言えないが、内職のような細かい作業をし、アレンジしている時間は心休まるひとときだ。

    前の記事

    真実を見る目を養う

    次の記事

    平常心を保つ