ガラスペンのプレゼント

昔は仕事上で万年筆を使うことが多かったが、ボールペンなどさまざまな種類の筆記用具があらわれ、いつの間にか万年筆を使うことがなくなった。
パソコンやスマホを使うようになると、さらに手書きする機会が少なくなり、どんどん字が下手になっていく。
漢字の読み書きも自信があったつもりだが、それさえも衰えてきた。
わからない字は辞書を引きながら、手紙や書類を書いていたころが懐かしい。
そんな話をしていたためか、アイくんの発案だと言ってガラスペンをもらった。
なるべく自分の頭と手を使うようにしないと、どんどん衰えていく・・・つくづく感じるこのごろである。
 
プレゼント

    前の記事

    太陽の有難味を感じる

    次の記事

    天気は『天の気』