物事の真意を汲み取る

人は、なぜか目に見えるもの・事象だけをとらえて、良い・悪いという判断をしがちだ。
全体を見ず、ある一部分だけの言葉を切り取って判断し、評価することも多い。
目の前に起きている出来事の本質は何か、その言葉の真意は何か。
そんなことは考えもせずに、ただ感情に振り回される。
ものごとを正しく読み取り、判断する力も失せてしまっている。
 
見えないものを見、聞こえないものを聴き、心で・魂で感じる力を身につける。
それができれば、生き方も変わってくるのではないだろうか。

    前の記事

    入り日