雪が雨に変わるころ

雪が雨に変わり、氷が解けはじめて春の気配を感じ始めるころ。
きょうは、二十四節気の「雨水」です。
文字どおり、雨が降って水が潤うころ。
お花屋さんの店先には色とりどりの花々が並び、固い土の下からは草が生えはじめています。
そんな様子を見ていると、何となく心うきうきしてきます。
寒い、寒い、と言いながらも、少しずつ、少しずつ、春に向かって準備されているのですね。
そうは言っても三寒四温(最近は四寒三温?)の天候。
油断していると風邪をひいてしまうので、気をつけなければ・・・。
 

    次の記事

    自分のために