7月のレイキを楽しむ会終了

7月のレイキを楽しむ会(ヒーリング実践会、体験・交流会)が終了しました。
ご参加くださいましたかた、ありがとうございました。
ここ数ヶ月、参加者数が少ない傾向が続いていますが、それはそれで意味があること。
参加された方に特化した形で進める、という利点も出てきます。
ところで、『レイキを楽しむ会』という名称。
15~16年前ぐらいからレイキを実践している仲間は、言葉では「交流会」あるいは「現代レイキ交流会」などと言っていますが、あえて「レイキを楽しむ会」とか「レイキに親しむ会」などの名称で開催していました。
それは、「芦屋で土居先生が主催する現代レイキ交流会」、さらに関東地区において「マスター有志(マスターグループ)が開催する現代レイキ交流会」とは違い、マスター個人が開催する交流会であることを識別するための暗黙の了解策でした。
そのことを知ってか知らずか、マスター個人が単に「現代レイキ交流会」として交流会開催案内を出したことで、大きな誤解を招く事態が生じたことがありました。
その後、NPO法人設立により各地で現代レイキ交流会を開催、さらにマスター個人による現代レイキ交流会も各地で開催されるようになり、「現代レイキ交流会」が一世を風靡した形となりました。
いまでは、「○○現代レイキ交流会」が当たり前になっています。
マザーステラが先手をとり開催してきたヒーリング体験会も、今では多くのマスターの方がおこなうようになり、大変喜ばしく思っています。
レイキに関心を持つ方に、ヒーリング体験会や交流会で実際にレイキを体験していただくことは、大変有効なことです。
ただ、レイキと称して本来のレイキから逸脱する内容をお伝えしているところもあるのは、大変残念なことですが・・・。
いずれにしても、至る所でレイキ交流会が開催されているのは、体験の場所が増えているということ。
よい方向に発展していくことを切に願います。
 

    次の記事

    ガーデン巡りの旅