日常生活から学ぶこと

『何かを学ぶ』というと、何かの教室で時間とお金をかけて、特別なものを学ぶと思うかも知れません。
確かに、そうしなければ学べないものもたくさんあります。
しかし、何気なく過ごしている日常生活の中にこそある学び、というのもたくさんあります。
交流会に参加した方たちと話していると、日常生活からさまざまな気づきのヒントを得ていることがわかります。
レイキを学びんだあと、レイキを特別なもの扱いせずに、日常の中に溶け込ませてしまっている。
自然に親しんでいる。
今日も話が弾んだ、楽しい交流会でした。

    前の記事

    破傷風予防接種

    次の記事

    冷房はほどほどに