救急車が悲鳴?

厳しい残暑に加え、毎日強い風が吹いています。
台風の影響もあるのか、さらに強くなったビル風(高層マンション)に日傘があおられ、飛んでいってしまいそうです。
上を向いてしまった傘を必死で元に戻し、暑い中をささずに手にして歩く姿は、我ながらなんとも滑稽でした。
今年は湿度が高いせいか並みの暑さではないし、春先から風もことのほか強く感じます。
この暑さでは、体がおかしくならない方が不思議なくらい。
毎日休むことなく響いてくる救急車の音を間近で聞いていると、なんだか悲鳴を上げているように聞こえます。
 

    前の記事

    浦島太郎の気分

    次の記事

    花に誘われて