「慣れ」の恐ろしさ

マンションの長期修繕工事のための足場が組まれ、その外側にすっぽり保護網がかかった状態が2ヶ月以上続いていた。
その一部、廊下側の網が外され、足場も解体された。
一気に視界が広がった。
ところが、カゴの鳥状態に慣れてしまっていた目には、何とも微妙な感じがする。
目の前に異物がなく、外の風景がフィルターなしで見えるのに・・・。
「慣れ」というのは恐ろしい・・・。
  

    前の記事

    いのち

    次の記事

    2011/12月のメッセージ