2011/10月のメッセージ

             他者の話を
             じっと聞いたことはありますか。
             あなたの考えも
             意見も
             何も挟まずに・・・
  *   *   *   *   *
何か問題を抱えた人の話を、自分の考えや意見を挟まずに、肯定も否定もせずに、ただ聞き続けるのは容易なことではない。
ついつい自分の考えや意見を言いたくなったり、話し手と一緒になって対象を評価したり批判したりすることもしばしば。
話し手は、何を求めているのか。
決して問題の解決策を提示してもらうことではない。
誰もが、自らの問題を解決する能力を秘めている。
誰かに話し、そのありのままの自分を受け入れてもらえることで、話している間に自ら問題解決の糸口を探し出すことができてくる。
否定や肯定をせず、考えや意見を述べず、話し手を受け入れて“ただ聞く”ことが問題解決への出発点となる。
   

    前の記事

    骨休め