自然のリズム

台風一過、やっとスッキリ、カラッとした天気になった。
台風12号では、紀伊半島を中心に大きな被害が発生した。
今年は東日本大震災をはじめ、新潟・福島豪雨など、自然災害が多く発生している。
   天地をつかさどる自然の現象は、
   強弱のリズムをもって交互に循環を繰り返している。
   大しけの前には穏やかな凪があり、
   嵐の前にはひとときの静けさがある。
   そして、
   台風が過ぎれば晴天になるように・・・。
                      (老子)
これも「自然のリズム」と簡単に言ってしまってよいのだろうか。
確かに「嵐の前の静けさ」とか「台風一過の晴天」などとは言うが、あまりにも爪痕が大きすぎる。
 

    前の記事

    意義深い仙台行き

    次の記事

    自然と向き合う