「秋」の「心」

猛暑から一転、急に秋の気配が色濃くなり始め、北海道では紅葉、富士では初冠雪の便りが聞かれるようになった。
ここ数日の陽気は、涼しさを通り越して肌寒いほどだ。
人の心も、夏から秋に・・・。
ギラギラ輝く太陽の下では自然に心が弾み、次第に日足が短くなる太陽のように心も愁いに満ちてくる。
『愁い』は、「秋」の「心」⇒ 心中にいだくもの悲しい思い、憂愁。
些細な出来事にも愁い、ことが大きくなれば心が張り裂けそうになる。
そんな乙女心は、実は年齢に関係ないのかも知れない。
10月生まれの私は、秋が好きだ。
暑い夏を過ごし、秋の気配を感じるようになると、どんなに嫌なことや辛いことがあった時でも、本来の自分に戻れるような気分になる。

    前の記事

    初冠雪

    次の記事

    長靴