命のつながり

夏恒例の、我が家の一連の行事が終わった。
11日・12日、新潟へ墓参。
帰り道、湯沢に1泊するのが恒例となっている。今回は、とんでもないハプニングが生じ、ある生き物を湯沢まで旅させてしまった。
少々大げさな表現だが、この事件は、今思い出してもゾッとする。
14日、山梨に墓参。
いつもはゆっくり話し込んでくるのだが、今年は早々に退散。
おばあちゃんを寂しがらせてしまったかも知れない。
15日、ハートフルコンサート(東フィル)
『私は貝になりたい』のテーマ曲が、魂の奥深くまで響いてきた。
この季節は、墓参や親子4代が揃うことがきっかけとなり、特に「命のつながり」を強く感じる。
親から子に、子から孫に・・・と、形は変わっても伝えられるべきことはきちんと伝えられている。

    前の記事

    往きはよいよい帰りは怖い

    次の記事

    得手不得手の問題?