現実の世界に

北海道から、かろうじて3日の日付が変わる直前に帰ってきた。
非日常の生活から、日常の生活へ。
現実の世界に帰ってきた。
日常から離れている間は煩わしい雑務はないのだが、日常に戻ったとたんに、山のような雑務が待ち受けている。
その一番がメールの山。
まず、これから片付けていかなければならない。
迷惑メールは振り分けられるのだが、新しいアドレスのものは迷惑メールとして処理。
次に、返事の用・不要に分け、必要なものにはマークをつける。
今夜ここまで行い、急ぎのものに返信、あとは明日に回すことにした。

    前の記事

    プライベート時間

    次の記事

    北海道交流会終了