梅雨明けの使者が・・・


ずいぶん前から
「セミの鳴き声がする!」
「ええ~? 気のせいでしょう?」
「いやあ、セミの声だよ!」
「まさか!
 セミが最初に出てくるのは、梅雨明けを告げるためでしょう。
 あっ、でも、山でセミの鳴き声がうるさかったという話をしていたっけ」
などと話していた。
なんと、
今日、ベランダにセミが・・・。
人間で言えば、未熟児の赤ちゃんのようだ。
例年より半月ほど早い熱帯夜となり、寝苦しい日々が・・・。
こんな気象の異変で、セミも間違えて出てきてしまった?

    前の記事

    今に生きている言葉

    次の記事

    今日という日を大切に