平静な心、客観的な立場

人は、何かに夢中になっている時、本筋を離れて横道を歩いていることにさえ気がつかないことが多い。
そして、その横道がいかにも本道(本筋)であるかのように錯覚してしまう。
そのことに自ら気づけばよいが、他者から指摘されると猛反撃に出てくる。
職業的立場も、
自分の価値観さえも全て横に置いて、
常に平静な心で、
客観的な立場で見つめることがいかに大切なことであるかを痛感する。

    前の記事

    ムーンテラピー

    次の記事

    永遠の片思い?