歳を重ねること

慌ただしい日々を過ごしている間に、20日を過ぎてしまった。
15日に再び姉の家にいる母親を訪ねた。
長姉と共に行ったので大変喜んでいたが、一方で羨ましさを隠せないようだった。
足腰が弱くなり、自分の足で出かけることがままならない今では、誰かが訪ねてきてくれることが何よりも待ち遠しいのだ。
短歌や俳句、書道などを趣味として今でも楽しんではいるが、歳を重ねていくというのは、こういうことなのだろう。
母親から見れば、まだまだ私はひよっこかもしれない。
だが、間違いなく歳を重ねて、いずれは同じように生きていくのかも知れない。
今年もクレマチスがたくさんのつぼみをつけ、今日の暑さで一気に花が開いた。11輪・・・。
ベランダに出ると、バラ、フウロソウ、シクラメンなどと一緒に、楽しませてくれている。
クレマチス

    前の記事

    人間の記憶

    次の記事

    適度な緊張感が必要