2010/5月のメッセージ

    水の流れに
          逆らわず
          風の流れにも
          逆らわず
          ただ 
          自然に任せればよい
         
          そうすれば
          何ごとも上手くいく
         
          それが
          人生の極意さ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、鹿児島の交流会に行った時、ちょっと足を伸ばして知林が島というところに行ってきた。
干潮時に砂州ができ、そこを歩いて島に渡ることができる。
20分ほどかけて島にたどり着き、結構きつい階段で島内に登った。
そこにある鐘を鳴らすと、愛が成就するとか。
今さら・・・だが、ものは試しと打ってみた。それなりに、よい音がした。
すぐ後に女性の二人連れがやってきて、やはり打ってみた。
鳴らない。
「えっ!どうして鳴らないの?」
すると、もう一人が
「風に逆らわずに打てばいいのよ。
何でも自然に任せればいいの。
そうすれば物事は上手くいく。
それが人生の極意」
と当たり前のようにつぶやいた。
「お見事! そのとおり!」
心の中ですかさず言ってしまった。
自然の流れに逆らったり、どうしようこうしようと画策すると、物事はかえって上手くいかないことが多い。
何ごとも、自然に任せるのが一番良いのだ。

    前の記事

    各地の交流会

    次の記事

    自然の中で