記憶の背景

どんどん気温が下がり、昨日から箱根などでも雪が降っていたが、今朝起きるとご覧の通り。雪
40数年ぶりの遅い雪とのこと。
その当時の記憶を思い起こしてみた。
確かに4月のこの時期(たぶん4月18日だったと思う)、雪が降った。
人の記憶は、単にそのことだけでは思い出せないこともあるが、他の出来事を思い起こすことで、自分が忘れていたことが蘇ることもある。
アロマでは、よく「香りの記憶」という。
自分が嗅いだ香りによって、遠い過去の記憶が蘇る。
楽しい・嬉しい思い出であればよい香りとして記憶され、嫌な・辛い思い出であれば嫌いな香りとして記憶されることが多い。
この香りと同様に、食べ物や歌などが過去の思い出とつながっていることも多い。
そう、人は単純にそのこと、そのものだけを覚えているより、それにまつわる諸々の背景によって覚えていることの方が多いのかも知れない。

    前の記事

    下降線の気温

    次の記事

    各地の交流会