♪梅雨の季節を楽しく・・・♪

昨日は30度を超える暑さ。
今日は朝から立て板を流すような雨が降っていたが、昼前頃にはあがった。
この梅雨の時期は、「雨ばかり降って嫌だな~」とか「はっきりしない天気ばかりで・・・」という言葉をよく耳にする。
しかし、子どもは案外この雨が好きのようだ。
レインコートを着て傘をクルクル回しながら、可愛らしい長靴でピチャピチャ音を立てながら、嬉しそうに楽しそうに歩いている。
子どもは、素直に自然の摂理を受け入れているのだろう。
しかし、都会でも田舎でも、ほとんどの道路が舗装やコンクリートで塗り固められ、土道にできた水たまりを見かけることはほとんどない。
学校の帰り道、雨上がり後の水たまりで夢中になって遊び、泥だらけになって帰宅して叱られるという、ちょっぴり?とても楽しい体験をすることができない今の子どもたちはかわいそうだなとも思う。
最近は、大人の長靴(レインシューズ)もデザイン化され、楽しく履けそうなのがたくさん並んでいる。
駅近の私が愛用することはなさそうだが、雨の季節を楽しく過ごすアイテムとして傘やレインシューズを選ぶのも一つの方法かも知れない。
 
ところで、『傘』という字には、“人”が4つ入っている。
普通に考えると、一つの傘に4人も入るのはかなり無理があると思うが、なぜ4つ入っているのだろうか?
自分の傘の骨を見るとわかると思うが、“人”という字に似ている。
傘という字の“人”は、傘の骨を表している。

    前の記事

    意識の向く先は

    次の記事

    梅雨時の掃除