エコ生活

6月5日は「環境の日」  
1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められた。
国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では平成3年度から6月の1ヶ月間を「環境月間」として、全国各地で様々な行事が行われている。
環境問題で生活に密着していることは、ゴミを細かく分別収集してリサイクルする、電気や水の節約などがある。
が、先日小学生のアイちゃんが言った言葉がふと浮かんだ。
「エコ生活は、必要のないものは買わない、無駄遣いをしない」
確かにその通りだ。
以前書いたことがあるが、何かを買いたいと思った時は、「本当に必要なもの」か「ただ欲しいだけ」のものかを見極めることだろう。
欲しいから買うというのは、ゴミを増やしていくだけになることも・・・。
また、「無駄遣いをしない」という意味には、返せば「無駄なく使う」ということにもなる。
アイちゃんの言葉は、大人の方がドキッとさせられる、改めて考え直さなければならない言葉だった。

    前の記事

    人間は身勝手?

    次の記事

    梅雨入り