花で幸せ気分

昨日、ベランダで咲かせるための花苗を買ってきた。
今年は何にしようか?といろいろ見たが、結局ミニバラとサフィニアブーケに落ち着いた。
以前は庭に何種類ものバラを植えていたが、マンションに引っ越してからは、バラはもっぱら切り花ばかり。
10年の時を経て、鉢植えとはいえ、やっと我が家にバラが戻ってきた。
サフィニア(ナス科ペチュニア属)は、サントリーから生まれて既に20年経つというが、このサフィニアブーケは、ブーケのように可愛くまとまるので人気があるらしい。
ブーケのように花開くのが楽しみだ。スズラン
昨日花苗を買ってきてウキウキした気分でいたが、今日は姉からドイツスズランをもらった。
スズランは、北国の春を告げる代表的な花としてよく知られているが、花壇などで栽培されているのはヨーロッパ原産のドイツスズランが多いようだ。
日本のスズランの花は葉よりも低い位置で咲くのに対し、ドイツスズランは大型で花と葉の高さがほぼ同じ。かなり香りが強く、むせかえるようだ。

    前の記事

     短い花の命

    次の記事

    自然の力