春爛漫

春爛漫、この数日で桜が一気に開き、既に散り始めている。
今日は暖かさを通り越して、汗ばむほどに気温が上がった。
花見も、涼を求めて水上から・・・という人も目立つ。
だが、おもしろいことに気づいた。
赤いボートは左方向に進行、青いボートは右方向に進行。神田川沿いの桜
なのに、両ボートとも舳先は同方向を向いている。
普通、漕ぎ手はボートの舳先を後ろにして座り、その舳先の方向に進むよう櫂を漕ぐが、全く逆に扱っていた。
ボートの漕ぎ方を知らないのだろうか?
他のボートを見て、何も気づかないのかな?と、心配する声も・・・。
そこで思い出した。
高校時代、部活の一環でボランティアを行っていたが、その帰りにボートに乗って来ることがあった。
その当時はボート漕ぎの名手?でもあり、よく競争をしていたものだ。
昔を懐かしむなど、歳のせい?
う~ん、でも一度は水上から、ボートを漕ぎながら花見をするのもいいだろうな~。

    前の記事

    春の風

    次の記事

    記念日