新しい環境の中で

暖かさを取り戻さないまま、4月に入ってしまった。
今にも降り出しそうな曇り空から、とうとう雨が降り出し、何となくわくわくした気分も削がれてしまったような感じだ。
2月の立春を過ぎた頃に「春は名のみの風の寒さや・・・」とうたったものだが、4月を迎えた今日も、まだその歌詞は有効のようである。
 
桜まつりの案内があちこちで見られるが、暖かな陽気の下で花見を楽しめるのは何日先になるだろうか。
すでに入社式が終わり、実務に就いている新入社員もいることと思う。
また、今日4月1日に入社式や入学式を迎えた人もいるだろう。
早かれ遅かれ、4月はこれまで慣れ親しんだ環境を離れ、新しい環境の中に入る人が多い。
 
新しい環境の中では、今までの自分をそのまま出して良いのだろうかと戸惑ってしまうことも多いだろう。
そのような時は、ちょっと立ち止まって考えてほしい。
今、自分がもっている自分に対するイメージを・・・。

    前の記事

    2009/4月のメッセージ

    次の記事

    春の風