鍛えられる

年末からずっと暖かくて穏やかな日が続いていたが、今日は朝から雨。夕方に近づくにつれてだんだん気温が下がり、わずかな時間だがみぞれも降った。
山梨では朝から雪、同じ相模原市の旧津久井郡の方では、午前中少し雪が降ったようだ。
小・中・高校の多くは昨日から3学期が始まっているが、なぜかこの時期は、必ずといってよいほど寒くなる。
子どもたちが小学生の頃、3学期の始業式は吹雪に見舞われることが多かった。
厳しい寒さ、風雪の中、雪国生まれではない親の方が一歩引いてしまうような状況でも、子どもたちは当たり前のように登校していた。
こうして鍛えられ、精神力も強くなっていくのだ。
自分が子どもの頃の鍛えられ方とは、また違った形の鍛えられ方であることを教えられたものだった。
9月下旬から約3ヶ月半、全く違った環境の、都会の病院・山の上の病院へと出向いていたが、本日をもって終了した。
大変長かったような短かかったような・・・。
そして、その生活のリズムが、懐かしいようなホッとしたような・・・。

    前の記事

    丑年の始まり

    次の記事

    大事な役目