いまさら?

きょうは、「文字・活字文化の日」
あまり馴染みのないこの日は、どのような目的で、いつからできたのだろうか。
2005年7月に施行された「文字・活字文化振興法」により、毎年10月27日は「文字・活字文化の日」と制定された。
その目的は、文字・活字文化が人類の知識および知恵の継承や、豊かな人間性の涵養、健全な民主主義の発達に欠くことができないものであり、国民の間に広く文字・活字文化についての関心と理解を深めるようにするため。
新聞も本も読まない、いわゆる活字離れという言葉が聞かれるようになって、長い年月が経つ。
私自身は、子どもの時から本を読むことが好きだった。
本ばかりか、新聞もじっくり読みたい方だ。
最近は長時間電車に乗る機会が多いので、<やった~、本がたっぷり読める>と内心ほくそ笑んでいる。
漫画であれ、推理小説であれ、何であれ、ただ読んで面白いというだけではなく、その中には必ず訴えているものがある。
肝心なのは、そこに気付くかどうか・・・だと思う。

    前の記事

    生きている証

    次の記事

    2008/11月のメッセージ