2007/10月のメッセージ

      あなたは 
      自分を取り巻く世界を、
      いつも 
      自分に都合よく考えたり、
      「よい・悪い」で 
      物事を判断したり、
      色眼鏡をかけた状態で
      見ていませんか。
      誰もが 
      自分の意識の有無に関わらず、
      物事に対する特有の考え方のパターン、
      つまり
      心の癖を持っています。
      その 心の癖を、
      あなた自身は知っていますか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人は誰でも色眼鏡(フィルター)をかけた状態で、自分を取り巻く世界を見ています。
いつも自分に都合よく考える人、「よい・悪い」で物事を判断する人、責任感を持ちすぎる人など、色眼鏡は人それぞれで、本人が意識しているかいないかということには関係なく、物事に対する考え方のパターン(心の癖)があります。
ところが、多くの人は自分の心の癖に気づかず、むしろその癖になれてしまい、違和感を覚えることもなく、当たり前のように日々の生活を送っています。
ですから、なかなか自分の心の癖を自覚することができません。
 
この「心の癖」がなくなると気持ちも変わり、自分を取り巻く環境は大きく変わってきます。
色のついた眼鏡で見ていた世界が、透明な眼鏡に変えることで、そのままに見えるようになります。
 
こういった自分の心の癖を知るには、いつも自分の心の動きを見る習慣をつけていると、いかに自分がいつも同じパターンで物事を考え、それに対処しているかがわかるようになってきます。
自分の物事に対する考え方の癖が、客観的につかめるようになってきます。

    前の記事

    中秋の名月

    次の記事

    秋の日はつるべ落とし