2007/7月のメッセージ

       今日は よく笑った。
       今日は とても腹が立った。
       今日は 何となく悲しかった。
       今日は ぼ~っと過ごしてしまった。
       今日は ・・・・・・・・。
 
       感情という名の波に揺られて過ごす日々。
       常に安定した心で過ごすのは
       なかなか難しいことなのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたは、毎日の生活をどのように過ごしていますか。
いつも楽しそうに笑っている人。
いつも何かに対して腹を立てている人。
いつも悲しそうな顔ばかりしている人。
人の表情を見ていると、さまざまですね。
 
よく、心の状態が顔(表情)に表れると言われますが、いつも爽やかな笑顔で周りを和ませている人が、ほんとうは悲しいことや辛いことをたくさん抱え込んでいるということもあります。
逆に、いつも何かに腹を立てたり、怒ったり、悲しそうな顔ばかりしている人は、自分の感情をストレートに出し切っているのでしょう。
しかし、そのために周囲の人が、どれだけ不快感を抱いているかということに気づいていないことが多いようです。
 
普通の感情を持ち合わせた人が、レイキ実践者なら誰でも知っている臼井先生が残された「五戒」の通りに生きようとする、とかなり無理があるでしょう。
また、常に安定した心の状態を保ち続けるというのも、なかなか難しいことです。
しかし、少しずつでもマイナス感情とプラス感情の差が縮まっていくと、やがては安定した心の状態にたどり着くことができるでしょう。
「どのような時にも平静な心を持ち続ける」ということばを思い出しながら毎日を過ごしていますが・・・・・・。
・・・・・・が曲者ですね。

    前の記事

    手の使いすぎ

    次の記事

    折り返し地点