新しい年に

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
2007年、亥年です。
2006年から2007年に替わって間もなく、近くの神社に初詣に行ってきました。
昨年に比べると比較的暖かかったためか、初詣への出足も好調のようでした。
普段の生活の中では考えられないことですが、深夜にも拘らず小さいお子さん連れの方が多く目立っていました。
やはり、初詣ともなると違うのですね。
さて、過去の亥年はどのような年であったのか振りかえってみました。
1923年(大正12年) 関東大震災・・・臼井甕男先生存命中で、多くの傷病者を救済したと伝えられています。
1964年(昭和39年) 新潟地震
1983年(昭和58年) 日本海中部地震、三宅島噴火
1995年(平成7年) 阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件
この他にも、事の大小に関わらず毎年さまざまな出来事がありました。
目の前にどのようなことが起こっても、それを受け取る一人ひとりの気持ち次第で、その意味は全く違ってきます。
今年も皆様が自分らしく、いきいきと過ごされますことを心から願っております。

    前の記事

    2007/1月のメッセージ

    次の記事

    歳を重ねること