立冬

10月は記録的な暑さが続いていたため、本格的な秋の訪れはまだまだ先のような感じがし、晩秋という言葉さえ忘れていましたが、気がつけばいつの間にか立冬です。
立冬の今日、朝から風は強かったもののぽかぽか陽気で、大変気持ちのよい一日でした。
こんな日は紅葉でも見に出かけたら気持ちがよいだろうなと思いながら紅葉情報を見てみると、そろそろ紅葉が楽しめそうです。
子どものころは、もみじの葉やイチョウの葉、その他色とりどりの葉や木の実を拾い集め、思いのままにオブジェのようなものを作って遊びました。
こうした遊びの中には、自然の中で遊べること、友達ときれいな色の葉や実を競って拾い集めること、それらの葉や木の実を使ってどのようなものを作るか考えること、そして出来上がったものをみんなで見せ合うことなど、楽しいことがいっぱいでした。
こうした思い出があるためか、きれいに色付いた落ち葉があると、ついつい拾い集めてしまいます。
1枚の落ち葉からもいろいろな楽しみ方ができますので、ちょっと子ども心にかえって落ち葉遊びを楽しんでみてはいかがでしょう。

    次の記事

    我が身を振り返る