梅雨明け

今日、関東甲信地方から中国地方にかけて梅雨明けが発表されました。
平年より8~11日遅く、昨年より12日遅いとのこと。
東北地方を除いて、ほぼ全国で梅雨明けしたことになります。
梅雨明けの今日は各地で猛暑となったようですが、太平洋高気圧の勢力が十分に発達していないため、この先1週間くらいは曇りの日が多く、本格的な夏空はその後になりそうだということです。
例年、梅雨明けとなった日に蝉の鳴き声が聞こえてくるのですが、昨日既に蝉の鳴き声を聞いていますので、もしかしたら昨日にも梅雨が明けていたのでは?などと思っています。
昨日今日は、この地域の夏祭り。
お囃子や子どもたちの山車を引く声が聞こえてきますが、いまいち活気が感じられません。
8月最初の金曜~日曜日が『橋本七夕まつり』のため、それに向けてのエネルギーの方が強いのでしょうか。
今夜は、夕食の途中で何気なく窓の外を見ると、夜空にきれいな花火が上がっていました。
我が家からも花火が見えるということを、すっかり忘れていました。
家の中にいながらにして花火が見えるなんて、本当に贅沢なことかも知れないなどと考えているうちに、長岡の花火大会を思い出しました。
長岡祭の一環として、8月2日、3日の2日間行われる花火大会のうちの、1日は花火が打ち上げられる河川敷で、もう1日は家の窓から見ていました。
河川敷では、頭の上に落ちてくるように広がる正三尺玉を寝そべって見たものです。
今年は市制100周年記念のため、恒例の2日間の花火大会に続き、4日は世界の花火ショーがあるとか。
きっと素晴らしい花火を見ることができるでしょう。
七夕まつりも花火大会も、ちょうど他の行事と重なりました。
墓参を早めて、数年ぶりに今年こそ長岡の花火を見たいと思っていましたが、やはり今年もダメでした。

    前の記事

    浴衣姿

    次の記事

    2006/8月のメッセージ